おとしぶみ オトシブミ

その昔、奥ゆかしい大和撫子が想いを伝えた・・・・・落とし文(おとしぶみ)
恋心、伝えたいその人の近くに置手紙して、拾って読んでもらい気持ちを伝えたそうな

オトシブミって虫もいるそうな

初夏の山道、くぬぎの葉っぱに卵を産んで、その葉っぱの中で幼虫になり、葉っぱは揺り籠
今の季節、ほととぎすの初音を聴くころオトシブミ

同じ呼び名のオトシブミ

お茶のお稽古に、緑の葉っぱに包まれたお菓子が出されました
H290531-4601.jpg H290531-4599.jpg


先生手作りのお菓子です

「名前があるのよ、おとしぶみ」
「まぁ 素敵」

遥か昔、遊び心からお菓子が出来たのでしょうか、なんだか心に響くお菓子です

この頃は、くるんと巻かれた葉っぱ探しの散歩道です

まだ、見つかりません
そう容易くは見つかりません オトシブミ

田舎って、良い~な、かって?

田舎って、い~なかって?

もちろん、好いです

日毎に季節は移ろって
散歩道で偶然出会う光景が楽しくて楽しくて

直美さんは歩きながら四つ葉をみつけたり、葉っぱに乗ってるアマガエルを見つけたり
瞬時に色々な発見をしてくれる名人なんです

H290531-4408.jpg H290531-4407.jpg

H290531-4619.jpg

春先には土筆を瞬時に見つけてくれます
H290531-3797.jpg

昨年は生まれて初めて、おけらに遭遇~
歌った事があるお馴染の歌詞に出てくる、おけらだと直美さんが教えてくれました

H290531-2086.jpg ぼくらはみんな生きている・・・・・おけらだって・・・

私より少し年下の直美さん   
太陽みたいに照る日も、曇りの日も、雨の日も、ちゃんと遠くで見守ってくれてる大らかな女性なのです

直美さん達と、蛍を観に行きました
幻想的な光りに、暫し、世俗の煩わしさや忙しさから離れられて癒しのひと時
自然から頂く幸せな時間でした

H290531-4648.jpg H290531-4649.jpg H290531-4634.jpg H290531-4656.jpg H290531-4660.jpg 
ちょっと小ぶりな、ヘイケボタル

水もキレイ、空気もキレイな田舎って好いです

あさぎまだらは突然に

4月28日  旅立ちました~アサちゃん3号・・・・女の子でした

12月に旅立ったアサちゃん1号、2号と違って、直ぐに大空に飛び立たず
紅梅に数時間ぶら下がったまんま~私が出かけた後に、ひとりで飛び立ったようです

H290504-4277.jpg H290504-4284.jpg


始まりは、いつも突然!

それは、今年の1月中旬でした~
その方は、新聞の切り抜きを持って・・・・・私を探して訪ねて来てくださいました

事の起こりは昨年の暮れ、私がアサギマダラを育て、旅立たせたと言う記事が熊日新聞に載りました

幼虫の食草に使ったのは、ガガイモと言う、霜に遭うと枯れる葉だったのですが、
「真冬でも枯れないキジョランが良いですよ、この辺りではないので、山から採ってきました~どうぞ植えてみてください」
と、その方は菊池の山奥からわざわざ採って持って来てくださいました

急な出来事ですし、まだ、寒い季節ですから、植えても根が張らないといけないかな~と、とりあえず、花瓶に挿しておきました
それから、放ったまんまの花瓶

???   花瓶の下に・・・・3月30日・・・・なんだか、ちっちゃな黒いまん丸いウンチ?落ちています

え~!?

二度見、三度見・・・うっそ~!\(◎o◎)/!  アサギマダラの幼虫、1頭が、せっせと葉っぱを食事中

なんと、頂いたキジョランに卵が付いていたのでしょうか、勝手に孵化して・・・

急いで、その方に連絡すると、飛んでいらっしゃいました
そして、驚きを隠せない様子で、その方は山から採ってきたキジョランを、すぐ、自宅の庭に植えたそうで、根は付いているかもしれないが、今は葉っぱは枯れてしまっているとおっしゃいました
私が、家の中に置いていたから、偶然にも育ったのでしょう~
ましてや何頭も居ては食草が足りませんから1頭で良かったですね・・・・と

また、それから、嬉しい見守りの日々です

私は、家を空ける事も多いのですが幸運にも、蛹化、羽化・・・・・感動のシーンを全部、目の当たりにする事が出来ました

幼虫の画像は苦手な方もいらっしゃるでしょうから添付しませんが

蛹化する寸前の花瓶の様子と蛹化した姿です

H290504-3998.jpg H290504-4073.jpg H290504-4188.jpg 蛹は、ピッカピカのエメラルドグリーンです

羽化して、羽を乾かしてぶら下がっている様子です

H290504-4244.jpg

翌朝~私の掌にも乗ってくれます~人懐っこいのです

H290504-4257.jpg H290504-4262.jpg

旅立ったアサちゃんの抜殻です H290504-285.jpg

育んでくれたキジョランさん、ご苦労様でした

さて、役目を終えたキジョランを庭のどこに植えましょか・・・・

春色・・・ふたつ

あちらこちら、見渡すと、すっかり春色に彩られて、心が躍る毎日です

ひとつ目は薄紅色

戴き物のおにぎりが・・・・・なんと薄紅色

H290423-4139.jpg

その方は、「貴女に食べさせたいお結びがあるのよ」

と、言って、お料理上手な書道の先生から、薄紅色に緑の豆が可愛らしいおにぎりを頂きました

「お赤飯?」
「違う違う~ツタンカーメンえんどうの豆ご飯よ」
「え??ツタンカーメン?」

ホントなのか嘘なのか、ツタンカーメンのお墓から出土したと言われる、えんどう豆だそう
一緒に炊いたら、薄紅色のご飯が出来るんですって~あら不思議!


ふたつ目はマドンナブルー

今にも、ポン!と音させて開きそうなボリジの蕾

H290423-4146.jpg

蜂たちも飛んできて甲斐甲斐しくお仕事中

H290423-4140.jpg

「ボリジの花が満開ですよ!来ませんか?」

宗慈先生から連絡もらって、私も飛んで行きました

星のような花を摘んで、ボリジの砂糖漬けを作りましょ

H290423-4149.jpg H290423-4150.jpg


筆で卵の白身を塗りまして、グラニュー糖を塗して、乾燥させて出来上がり

H290423-4152.jpg

出来上がったボリジの砂糖漬けは・・・・そのうちケーキを飾ります

また、その時に・・・・


おけいこ

昨日のおけいこは、新しい発見がありました

西合志中央小学校が授業参観の為、登校日と重なり、午前中は他の小学校の子ども達

あれ?いつもは、とっても大人しくて物静かに寡黙に書いてくれている女の子が・・・・なんだか元気よくお喋りしています
もしかして、いつもは中央小学校のお友達が多くて、遠慮していたのかな?
書きあがった文字も大きく、伸び伸びしているのです

環境で文字が変わるんだと、課題がみつかりました~みんなが伸びやかに書けるような工夫をしなきゃいけないんだと・・・・

小、中学生は熊日学童書道展の作品を書きました

H290423-4157.jpg H290423-4160.jpg H290423-4159.jpg H290423-4162.jpg H290423-4166.jpg H290423-4168.jpg H290423-4169.jpg H290423-4170.jpg

今後のおけいこ日をお知らせします
4月  29日
5月  6日 13日 27日  ★20日は休み

<お知らせ>

熊日学童書道展があります (要項を載せます)

H290423-4173.jpg

作品は、先週から書き始めています
出品料300円は5月のお月謝と一緒に徴収させていただきます
ただし、出品を希望されない方は、4月29日までに、個人のライン、メッセージなどでご連絡ください 

プロフィール

恵花

Author:恵花
墨の香りが好き、筆文字が好き、お料理が好き、自然が好き、人が好き、花が好きエトセトラ・・・
好きにお付き合いください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR