れんぎょうの花明り

好きな俳句

中村汀女さんの俳句です

春は連翹の花の明るさに、ハッとします

散歩道で咲く連翹

幼いころ遊んだ思い出

花を1つ摘んで、小さい私は、玄関の階段登り、少しでも高い所から花びらを放ると、空からクルクル、クルクル回りながら落ちていくのが楽しくて、何回も何回も階段を登ったり降りたり・・・


昨日の散歩道、連翹を一つ摘んで歩いていたら、新5年生の一世君が係の仕事の帰りだと言って学校から帰っていましたね

一つ連翹を空にほうると・・・くるくるくるくる・・・

わっ! ちっちゃい感嘆!

一世君に花びらをプレゼント

にっこり笑顔でさようなら・・今日も良いことありそうな・・・




コメントの投稿

Secret

プロフィール

恵花

Author:恵花
墨の香りが好き、筆文字が好き、お料理が好き、自然が好き、人が好き、花が好きエトセトラ・・・
好きにお付き合いください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR