秋もろもろ

♪秋の夕日に照山もみじ 濃いも薄いも数ある中に 松を彩るかえでやつたは・・・♪

前から歩いてきた小学4年生くらいの女の子 
すれ違いざまに聞こえてきた小さい歌声

あら、懐かしい歌~それにしても、今の子ども達も、この古い歌を知っているんだ・・・
なんだか嬉しくなりました

朝な夕なに、我が家の近くでよく見かける、名前も知らない女の子
どこか、遠い昔、私の幼い頃を思い出させてくれるような女の子に親しみを感じる秋の日でした


そして、空では百舌鳥がキキキキ~高鳴き始め、縄張り宣言
日毎に秋色が濃くなります

朝晩の涼しさと、庭に咲いた曼珠沙華の赤い花に、お彼岸ね~と思いながら

お台所でごそごそ、ごそごそ
おはぎを作って、亡き義父母にお供えします

H280925-2455.jpg


季節を感じるのは、お茶のおけいこ

まだ、昼間の陽射しは厳しくて、夏の着物を着て行きました
お茶室に入ると、秋のしつらえ
先生のご友人が編まれた、つづらの壁掛け花器に
水引草、藤袴、きんえのころが挿してあります
お軸には、重陽菊花新の色紙が掛けられて
その日の、お菓子は、先生お手製の和菓子です
秋のひと時がゆっくり心地よく流れていきます


お菓子は、お土産に頂いて帰り、夜、家族で戴きました

H280925-2458.jpg こぼれ萩・・・・・・なんと風情ある名前でしょう
H280925-2456.jpg
干菓子のおせんべいには、先生お手製の味噌餡がはさまれ、面相筆で、すすきが描いてありました

山は装う季節

秋もろもろに心躍らせ暮らします





コメントの投稿

Secret

プロフィール

恵花

Author:恵花
墨の香りが好き、筆文字が好き、お料理が好き、自然が好き、人が好き、花が好きエトセトラ・・・
好きにお付き合いください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR