赤ちゃん筆で祝婚歌

H270724-0162.jpg

娘が1歳を迎えて、髪の毛で筆を作ったのは26年も前の事
当時、東京に住んでいた私の所に、両親が遊びに来てくれて
浅草の赤ちゃん筆センターで散髪をして、記念に筆を作りました
そして浅草寺までお参りに行ったのは、もう遥か遠い記憶・・・

結婚する娘を想いながら、娘の髪の毛で祝婚歌を書いてみました

ちょうど、社中展が県立美術館分館でありますから、それに出そうと作品にしてみました
(7月22日から26日まで)第19回 書範選抜書道展

桃夭(とうよう)・・・・中国の漢詩~祝婚歌より

桃(もも)の夭夭(ようよう)たる 灼灼(しゃくしゃく)たり 其(そ)の華(はな)
之(こ)の子(こ) 于(ここ)に帰(とつ)ぐ 
其(そ)の室家(しつか)に 宜(よろ)しからん

訳・・・・・桃の木の若々しさ光輝く、その華、その華のような娘が今嫁ぎます
向こう様でも幸せに

社中展は94作品が飾られ、漢字の作品が主ですが、かなや、調和体、刻字・・・盛り沢山
半切や、長さ3mの作品の大作で圧巻です
そんな中に、ちょっと小さな私の作品、色は桃色で、足を止めて観てくださる方もいらっしゃいました
昨日と一昨日は、受付のお手伝いでしたから、観覧くださる方ともおしゃべり出来て
同じように、「子どもの筆、作ってます・・・・書いても良いのですね」と、おっしゃる方もいて、嬉しい時間でした

今は、書に興味のない娘でしょうが
これから、永い年月重ねていくうちに、もしかしたら、私が天に召されてからでも懐かしんでくれるかしら
そんな日を待ちながら・・・・・

コメントの投稿

Secret

No title

こんにちは

親心のいい詩ですね、そして素晴らしい書ですね。

こんなに書ける人が羨ましいです。まあ練習の賜物でしょうが、、、、。

きっと娘さんの心に残っていると思います。
そして、懐かしまれることと思います。
素敵ですね。

こんばんは

ほれぼれとするほどの
とっても良い作品です
娘さん きっと世濾過ばれますよ

No title

定家の書も残ってますよ♪
文は千年を超えて残ります。
改めて、おめでとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

素流人さん

若い頃は、親心を気に留める事がなかった私です
同じですね~娘もそのようです・・・

子どもが出来て、子育てしながら、少しずつ親の想いに気づきました
娘も、きっと・・・・

心に響く書が書きたいですが、まだまだ未熟者です

Re: こんばんは

ヒロちゃん7さん

墨は青墨を磨って書きました
墨磨りながら心を落ち着かせて・・・・

Re: No title

hippoponさん

祭事の度に娘の筆で、書いてみようかな
くせがある髪ですから、ウエーブかかって、味がある線ができました

No title

筆が違うと文字に妙味が出るんですね。
なんか私、専門家にと泣かせてしまってて。
筆選び、また今度ゆっくり教えてください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

hippoponさん

妙味なんて、とんでもない~くせっ毛でしたから、細い繊細な線は書けませんでした

自分にとって書きやすい筆が見つかるまで、何本も何本も買っては試して~
他の先生が達筆だと、筆かしら?と、同じ筆を買い求めるのですが・・・
同じように書けなくて~結局、腕か~(^_^;)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

恵花

Author:恵花
墨の香りが好き、筆文字が好き、お料理が好き、自然が好き、人が好き、花が好きエトセトラ・・・
好きにお付き合いください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR