翠の雨の熊本城

その日は、暖かだった数日と、うってかわって

春の冷たい翠雨が熊本城の大銀杏を濡らしていました

大銀杏と熊本城 大銀杏と熊本城

隣保班の、その方は熊本城のガイドをなさっておられて

新年会で持ち上がった熊本城ツアーの話に、ガイドを頼みました

400年も前に、加藤清正が手植えをしたと言う、銀杏の木は今もお城のシンボルです

銀杏がお城と同じ高さになった時に、不吉な事が起こるだろうと予言され、その時が、西南戦争に時期だったそうで

薩摩軍総攻撃の3日前に、天守閣と本丸御殿が炎上してしまいますが、原因はわからないままのミステリー

熊本城 熊本城

本丸御殿の昭君の間が、豊臣秀吉の子、秀頼を徳川家康から守るために将軍として迎える為に作った部屋であることや

隠語として将軍の間として描かれた絵は、王昭君・・・モンゴルの王様の元に嫁ぐことになった話や

絶世の美女を不美人に描いた絵師の話 本丸御殿の昭君の間



学のない私には、今だから、興味深い話の数々が楽しくて・・・

時間が経つのも忘れて、心地よい一時でした


わかりやすいガイドをしてくださった、その方に

ありがとうを一葉に・・・・






コメントの投稿

Secret

プロフィール

恵花

Author:恵花
墨の香りが好き、筆文字が好き、お料理が好き、自然が好き、人が好き、花が好きエトセトラ・・・
好きにお付き合いください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR