つぶつぶ苺ジャム

そろそろ、赤いちっちゃな恋人が待ってる頃ね

その日、朝1番に車を走らせ、向かった先は、行きつけの物産館

小粒で真っ赤な真っ赤な苺たち

小粒で真っ赤な苺 「真っ赤に綺麗に仕上げてね!」って声が聞こえてきます

その色鮮やかさを失わないように、真っ赤で粒が残った苺ジャム作りは、春の楽しみ

幼馴染の仲良しさんが、作り方を知りたいと言ってくれたので

苺仕事をご紹介

1・・・苺の選び方も大事です 小粒で、果肉の中まで赤い品種が良いですし、やっぱり採れたて新鮮な苺が一番!

2・・・それから、苺には熱に弱い成分(変色)がありますから、弱火コトコトは、ご法度です

強めの火加減で、短時間に仕上げます

3・・・鍋は大きいもので作りませんと、噴きこぼれてしまいます

4・・・一度に作る量は、4パックまでです 多すぎれば熱を通す時間が長くなり変色につながります

5・・・グラニュー糖は高いので白砂糖でOK

6・・・長期保存の時は冷凍庫で大丈夫ですから、砂糖は多く入れません、苺の量の3分の1

7・・・レモンも入れません

これは私の中で、大事な大事な決まりごとなのです


(いつもの分量と、作り方)

苺・・・・4パック(1200グラム)

砂糖・・・400グラム


1・・・苺のへたを取ります

2・・・キレイに水洗いして、水けを切って鍋に入れます

3・・・分量全部の砂糖を入れて、苺全体に塗して1時間程置きます・・果汁が出てきます

4・・・果汁が出てから強めの火にかけます

5・・・噴いてきますが、その時は、灰汁も取らず良いのです 
   時々、木しゃもじで鍋底が焦げ付かないように鍋底からかき混ぜます 混ぜ過ぎると粒が無くなりますのでご用心

6・・・鍋底を気にしながら、中火くらいで煮詰めていきます(トロッと、まだ早いくらいで火からおろして出来上がり)冷えると、固まりますから、早めが良いようです
 
7・・・出来上がってから、上に溜まった灰汁を取り除きます


粒が残った苺ジャム どうぞ、お試しあれ・・・





コメントの投稿

Secret

プロフィール

恵花

Author:恵花
墨の香りが好き、筆文字が好き、お料理が好き、自然が好き、人が好き、花が好きエトセトラ・・・
好きにお付き合いください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR