春の七草がゆ

芹 なずな 御形 はこべら 仏の座 すずな すずしろ これぞ七草

 春の七草

古式ゆかしい習わしが好きなので、七草粥を作って戴きました

昨年、わかった仏の座の、ほんとの話・・・道端に咲いている可愛らしいピンクの花が仏の座・・と、思っていたのですが、同姓同名!?実は春の七草ではない全く違う花の仏の座(こちらはシソ科)であると知りました

春の七草の仏の座とは、子鬼田平子(こおにたびらこ)(キク科)という植物であったこと・・・こちらは食用ですが道端の仏の座は毒はありませんが食用でないそうです・・・同じ名前を持つ、なんとも紛らわしいものですから、きっと間違って食べた人もいるはずです・・・

けれど道端はいけません、犬のおしっこに御用心!

七草粥で戴きました

すし用海苔が沢山ありましたので、佃煮を作ってみました
お正月料理に使った、戻した干し椎茸も残ってましたから、椎茸入りと2タイプです

海苔は乾燥のまま重さを量り、海苔の20パーセントのみりんと醤油で煮ていきます
海苔は、ひたひたの水でふやかして、絞ってから醤油とみりんを入れて火にかけます
途中で味をみて、好みでみりん、しょうゆ、砂糖で整えます

優しい味に仕上がりました・・・海苔の佃煮



コメントの投稿

Secret

プロフィール

恵花

Author:恵花
墨の香りが好き、筆文字が好き、お料理が好き、自然が好き、人が好き、花が好きエトセトラ・・・
好きにお付き合いください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR