手土産お弁当~ふたっつ

手作りの可愛らしい椿餅を頂きました

ほんのり桃色が、まるで侘助みたいで・・・・

蕗の薹の戴き物もあります

あっ!明日、先生に、春をお届けしよう

体調を崩されて、もう2回目の春を迎えそうです
でも、だいぶ回復なさってるように感じます
私が顔を見せるのを、ホントに喜んでくださいます

朝から、いつもの主人と娘のお弁当を作る傍ら、先生ご夫妻へ・・・手土産お弁当

H290219-3608.jpg
お訪ねすると、私の熊日賞の受賞を自分の事のように喜んでくださり、思いっきりハグ!
「まぁ~貴女と言う人は、まったく、もう!やってくれるわね~❤❤」
「先生へ、少しは恩返しが出来たでしょうか?」
涙・・・涙・・・

私には二人の書の師匠~その一人、希雲先生との出会いが無ければ、この賞に、きっとたどり着いていないと確信しているのです



16日は・・・・父の命日

訪ね人もないまま、誰かを待っているように・・・・ひっそりと実家が残っています

その日、兄もお参りすると連絡をもらいましたから、清水書道教室の前に私も立ち寄ろうと決めました

大急ぎで、有り合わせのおかずを詰めて、朝のお味噌汁~二人分残ってそう~温めれば汁物もOKね!

兄から、「慌てなくていいよ!あなたも、もう〇〇ないんだから」とメールが届き

まぁ~失礼しちゃう、お兄ちゃんより一回りも若いですよ

春隣・・・・車を走らせ

実家のテラスが見えてきたら・・・・人影・・・・お父さん!?

いえいえ、兄が先に着いていました

「お兄ちゃん、お父さんに似てきたね」
「そうだろ~自分でも、そう思う(笑)」

H290219-3645.jpg

有り合わせの手土産お弁当で、ほっこり時間







プロフィール

恵花

Author:恵花
墨の香りが好き、筆文字が好き、お料理が好き、自然が好き、人が好き、花が好きエトセトラ・・・
好きにお付き合いください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR