あさぎまだら旅立ち

新選組の羽織の色は浅葱色

先日、テレビを観ていたら・・・・浅葱色のフレーズに思わず反応してしまいました


卵を産み付けてから2か月も時を費やして、無事、羽化を迎えました
アサちゃん1号は女の子でした
丸1日遅れて羽化したアサちゃん2号は男の子
姉と弟のアサギマダラ

H281223-3189.jpg H281223-3209.jpg H281223-3180.jpg
H281223-3188.jpg H281223-3229.jpg

愛犬トランプの移動用ケージに移してあげました
羽ばたくのに、こちらの方が広いからね

H281223-3230.jpg


羽化したアサギマダラは、それはそれは大きくて美しくて、浅葱色の羽根は透き通っています
そして、なにより、人に懐いています~手乗り蝶になりました
警戒心がなくて、まるで操り人形のように手にまとわりつく感じです

H281223-3223.jpg H281223-3255.jpg H281223-3269.jpg

神秘的な謎を秘めた蝶は、頭が良くて賢い!?
何より2000キロも旅をするんですもの
鳥などに襲われにくくする為に体内に毒を取り込むそうで、幼虫の時に食べる葉は毒を持つガガイモ、キジョラン
そして、蝶になってからは毒を持つ花、藤袴やヒヨドリ花の蜜を好んで吸っているんだとか

それらの花々はとっくに枯れてしまっているのに、アサちゃん姉弟はどうやって生きていくのかしら
無事に台湾の方まで何千キロの旅に耐えられるかしら
心配しながら、寒さの緩んだ12月19日 11月上旬の気候だとか~昼間は汗ばむくらい~
晴天の日に、2匹とも一緒に旅立たせることにしました

羽ばたく為に筋力をつけさせるように、暫く、お日様に当ててあげました

H281223-3256.jpg


宗慈先生の掌に乗ったお姉さんのアサちゃん1号は、いち、にのさん!
頭をちょこっと持ち上げて、サヨナラの挨拶をしたかのように見えました
ほんの3秒ほど間を取って、いきなり天高く舞い上がりました
よろよろもせず、太陽に向かってまっしぐら、逞しい羽ばたきです

弟のアサちゃん2号も、少し遅れをとったけれども、パタパタと後を追うように大空に吸い込まれていきました
あの勢いならば、きっと気流に乗って行く事が出来るでしょう
誰も教えないのに、本能なのでしょうね

それは、もう、あっという間の出来事で・・・・・

宗慈先生と二人、なんだか取り残されたように佇んでいました

産卵から見守ってきたプロジェクトは終焉
10月の、あの日、アサちゃん達のお母さんは、私に託して、一足お先に南下していったのでしょう
10粒程あった卵から、手助けした小さな命は、たったの2匹
2か月の間、楽しかった~孵化、脱皮、蛹化、羽化全てがみられて、神秘の世界を覗けました
そして、皆々にお話したり観察してもらったり、話題も尽きず、ホントに楽しかった

朝歩きの時に経過をいつも聞いてくれた直美さん、珠美さん、博子さんには金魚鉢もお借りしました
ガガイモを刈らずにいてくれたお隣さん、水槽を持ってきてくれた兄
私が外泊の時に預かってくれた宗慈先生、餌のガガイモ無くなりそうだと、先生と一緒に夜、採りに行ってくれた正子さん
ブログで気がけてくれて、連絡くれた康子さん、お習字の時に私の話を聞いてくれた日菜子ちゃん、裕菜ちゃん、麻祐子ちゃん
虫は苦手でしかめっ面していた主人も冷え込む朝に密かに気にして応援してくれていましたね~
皆さん、ホントに協力してくれて、ありがとう

今頃・・・・どのあたりを旅しているのかな

H281223-3273.jpg

後に残った抜殻だけが、確かにここで、育った証を物語っているようで

捨てるに捨てられない・・・・私が居ます


プロフィール

恵花

Author:恵花
墨の香りが好き、筆文字が好き、お料理が好き、自然が好き、人が好き、花が好きエトセトラ・・・
好きにお付き合いください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR