春蘭

ひっそりと一輪咲いていた春蘭
こんな所に残っていたのね・・・・
春蘭

昨年、草取りをしていて偶然見つけた春蘭でした
義父が植えてくれていた春蘭
娘の卒園式には、コサージュに姿を変えて胸元を飾ってくれました
当時は沢山咲いていたのですが・・・
義父が亡くなると、庭の草取りは私の仕事に・・・
草に紛れて、多分、無調法に、いくつもの春蘭を引き抜いていたに違いありません
ふと気が付くと、沢山あった春蘭は・・・影も形も無くなってしまいました
それが、昨年、伸びたはこべらに覆われながら、一輪咲いていたのを見つけると、嬉しくて・・・
「こんな場所に、残っていたのね」と、思わず声をかけずにはいられなくて
春蘭 毎日毎日~待つときめきは恋に似て

待ち焦がれた、今年の春蘭が、やっと咲きました~九つもの花を咲かせてくれたのです

友人は、茶懐石の口取りに、友人宅に生えてる春蘭を使ったと話を聞いて
「え~春蘭って食べられるんですか?」
「我が家の春蘭は茨城から持って来たのよ~それに、ほのかに好い香りがするんですよ」


思いがけず、春蘭談義の花が咲きました




プロフィール

恵花

Author:恵花
墨の香りが好き、筆文字が好き、お料理が好き、自然が好き、人が好き、花が好きエトセトラ・・・
好きにお付き合いください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR