9月のおけいこ日

先日、西日本書き方大会の作品を中央小に持って行ったときの事です

ふと、気になって運動場のジャングルジムの横の木に目をやりました

娘が6年生の時に卒業記念に植樹をした楷の木(学問の木)です

当時は、まだ幼い若い細くて小さな苗木は、新緑、紅葉、落葉を12年もの間、繰り返し、大きな木に成長していました・・・
近くに寄って、まぁ大きく育ったのね・・と思わず声をかけました

楷の木 H12度卒業生一同 楷書の起源

当時、役員をしていた関係で、植樹の木に楷の木を選びました
この木は、中国の孔子のお墓に植えられており、科挙に合格したものには、楷の木で作った笏(杖)を与えて称えたそうです。日本には大正4年に白澤保美氏(東京林業試験場長)が曲阜(孔子の廟がある場所)へ赴き、種を持ち帰り、足利学校を始め、各地の孔子廟、儒学に関係ある場所に植えたそうです

12年前までは熊本でも珍しく、近くには孔子公園にありました

楷の木の葉っぱは整然と綺麗に整い楷書の語源にもつながっています

どうぞ、今度、中央小にいらした際は、ちょっと気にしてみてください

9月号の模範作品で載りました 中2の後藤春海さんの作品です 筆力あり歯切れよく、はつらつと書けて見事です

9月のおけいこ日・・・8日・15日・29日  ☆1日・22日はお休み

10月の予定・・・・・6日・13日・27日  ☆20日はお休み

お知らせ・・昇級試験があります 受験料500円(9月のお月謝と一緒に徴収させてください)
  2年生以上は受験しますが、強制ではありませんので、受けられない方はご連絡ください


プロフィール

恵花

Author:恵花
墨の香りが好き、筆文字が好き、お料理が好き、自然が好き、人が好き、花が好きエトセトラ・・・
好きにお付き合いください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR