雪輪

雪輪の模様

H300212-5948.jpg H300212-5938.jpg


「あら、その大島の模様は雪輪ですね」

お茶の宗慈先生は、そうおっしゃって

「えっ???」

物を知らない私

母が私の為に生前、作ろうと、裁ったまんまだった大島紬
「箪笥に裁ったままあるから、誰かに頼んで縫ってもらいなさい」
と言われていた、大島紬
母が亡くなってから箪笥で見つけたものの、そのまんまでした
その時は
お茶が好きだった母

母のノートに書きとめられた、詩を書いて、紬に載せては、表装しようか、着物にしようか思案しましたが、その後、着付けを習い始めましたから、やっぱり着物にしようと思っていました

既に、4年の月日が流れてしまい、ようやく、着付けの先生の縁で、知り合いの方に頼んで着物に仕立てて頂きました
H300212-5918.jpg 赤い花柄が素敵


そして、着付けのおけいこ、お茶のおけいこ・・・・・日の目を浴びて嬉しい日

宗慈先生からの、「雪輪ですね~」から、日本古来の和文様であると教わりました
そして、次のおけいこでは、先生も雪輪の着物をお召しになって、暗黙のご挨拶

そして、今朝、外は雪化粧

年甲斐もなく外に飛び出して、もしかしたら、あるかもあるかも

H30-212-5947.jpg

雪が融けかけている時の文様なのだそうです
松葉に・・・地面に・・・あるある、あるある

古人の浪漫も感じながら、亡き母の思いも叶えられ

見上げる遠い空から、大きな大きな牡丹雪

きっと、母が・・・・

猫じゃらしに露の玉

H290929-4985.jpg 

心を亡くすと書いたら忙しい・・・
すっかり、忙しさにかまけて、このところ、ほったらかしの庭
草が勢いづいていて、あらまぁ~どうしましょ

でもでも、よくみると、なんと美しい露の玉
朝陽を浴びてキラキラ光っています

苺の葉っぱにも H290929-4976.jpg

露草も可愛らしい H290929-4980.jpg

少しの間、露の玉と遊んでいました・・・・

心は亡くさないように

熊本地震で壊れた家の修理、やっとやっと始まります
仮の住まいにお引越し
住み慣れた我が家と、暫しのお別れです





田舎って、良い~な、かって?

田舎って、い~なかって?

もちろん、好いです

日毎に季節は移ろって
散歩道で偶然出会う光景が楽しくて楽しくて

直美さんは歩きながら四つ葉をみつけたり、葉っぱに乗ってるアマガエルを見つけたり
瞬時に色々な発見をしてくれる名人なんです

H290531-4408.jpg H290531-4407.jpg

H290531-4619.jpg

春先には土筆を瞬時に見つけてくれます
H290531-3797.jpg

昨年は生まれて初めて、おけらに遭遇~
歌った事があるお馴染の歌詞に出てくる、おけらだと直美さんが教えてくれました

H290531-2086.jpg ぼくらはみんな生きている・・・・・おけらだって・・・

私より少し年下の直美さん   
太陽みたいに照る日も、曇りの日も、雨の日も、ちゃんと遠くで見守ってくれてる大らかな女性なのです

直美さん達と、蛍を観に行きました
幻想的な光りに、暫し、世俗の煩わしさや忙しさから離れられて癒しのひと時
自然から頂く幸せな時間でした

H290531-4648.jpg H290531-4649.jpg H290531-4634.jpg H290531-4656.jpg H290531-4660.jpg 
ちょっと小ぶりな、ヘイケボタル

水もキレイ、空気もキレイな田舎って好いです

秋の桜

ちらほらと、返り咲き

いつもの散歩道、さくら坂の桜が咲いています

H281017-2578.jpg

秋の桜も綺麗です
葉っぱも同時で、あら不思議


有田焼の窯元さんから、熊本地震被災の方々へお見舞いの器です お使いください~と、

秋に桜の花模様のお茶碗が届きました

H281017-2662.jpg

熊本地震の際、お気に入りの茶碗が食器棚から落ちて、割れてしまったので、嬉しい❤

数年前、有田へ行った時に、そこの窯元さんに住所、氏名を書いてきていたようなのです

ビックリして、嬉しくて、お礼のお電話かけて

早速、お茶を点てて戴きました 里の秋
お菓子は、宗慈先生お手製の和菓子、里の秋

秋に桜と書いたら、コスモスと言いますね

我が家に咲いてる秋桜です H281017-2595.jpg H281017-2565.jpg H281017-2666.jpg H281017-2664.jpg


今年、初めて植えた秋桜は塀に添って少しだけ、陰だからかな、上手に育たなくて

ちらほらと、咲いています

秋の桜のお話でした


手乗りヤマガラ

どうです!

H281011-2582.jpg H281011-2571.jpg


手乗りヤマガラ(山雀)

黒いベレー帽を被ったような姿が愛らしくて・・・・

アサギマダラを探しに行った日の、もう一つのお楽しみです
頂上では、餌付けされているヤマガラが沢山いました H281011-2577.jpg


塩が付いていないアーモンドや落花生(薄皮も剥いて)がお気に入りなんだそう
暫く、遊んでみました

帰り道、アサギマダラと遊んでいる時にも H281011-2572.jpg

頭上を飛び回り、近寄ってきます
何にも餌を持ってなくて、ごめんね~って言いながら、手をかざしてみたら

H281011-2573.jpg

ヤマガラ 「あれ? 餌ない!」

と、言いそうな、きょとんとした顔つきで主人の手に止まってました

秋の昼下がり・・・

子どものように、はしゃいでしまいました

プロフィール

恵花

Author:恵花
墨の香りが好き、筆文字が好き、お料理が好き、自然が好き、人が好き、花が好きエトセトラ・・・
好きにお付き合いください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR