さようなら・トランプ

H291106-0584.jpg

ぼく、トランプ

もしかしたら、ぼくが家族の一員になるってことは、この時から分かっていたのかもしれない
この絵は、お姉ちゃんが幼稚園の時だから、今から19年位前かな~パソコンで遊んで描いた絵
よく見るとね、なんだか僕に似てないかな・・・・・?
足が短くって、尻尾もないし、背中の毛は少したてがみの様でしょ

それから5年位経ったママのお誕生日に、ペット屋さんで、お姉ちゃんが欲しい欲しいっておねだり
生まれて3か月の僕は、何故だかママのお誕生日のプレゼントって事で、目出度く家族の一員として迎えてもらったんだよね
その日から、ママの犬嫌いも克服してやったし、お姉ちゃんの遊び相手も僕がかって出た
一番のご主人様はパパだって、直ぐに悟ったし・男同士の見えない絆を感じていたよ
もう一人のお姉ちゃんには、受験勉強中、夜中に粗相をして、だいぶ迷惑もかけてしまった
だから、遠い所に行ったお姉ちゃんが時々帰ってきた時には、吠えないでやった
おじいちゃんからは、名前をナポレオンって間違えられて参ったよ
おじさんも可愛がってくれた・・・・・最期の前の日にも会いに来てくれた・・・・お通夜にも・・・・

14年の月日は・・・・あっという間 H291106-1236.jpg


家族に一杯思い出を残して逝くことにしたよ

そうそう、ママが書で、日展に入選したんだよ
もちろん、今回も、作品作りの監督は、ぼく!ママが書いてる横で見守ってやった

展覧会、祝賀会が東京であるんだって

H291106-5359.jpg

上京は泊りだからね、ぼくを置いて行くのを心配しているようなんだ
だから、心配かけたくないしね・・・・

あっ!遠くから、誰かが呼んでる

「ナポレオン・・・・ナポレオン・・・」 おじいちゃんだ

まったくもう、間違ってるぞ!ぼくはトランプ

今、逝くよ

じゃ~ね~バイバイ

可愛がってくれた皆さん、あ・り・が・と・う

H291106-5236.jpg

残暑お見舞い

残暑お見舞い申し上げます

「いや~ごめんごめん」

H290817-4832.jpg 頭をポリポリ~タコの手は、それだったんだね(笑)

すっかりご無沙汰してしまって・・・・
気が付けば1か月以上もブログの更新を怠っていたようだね

要領の悪いお母さんは、不器用で、たくさんの事が処理できない人だから
僕らが代りに謝るようにしたんだよ
訪問してくださっていた皆さま、ごめんなさいね、そして、訪問ありがとうございます

H290817-4876.jpg
僕は、トランプ 8月13日で14歳になったコーギー犬だ

けど、お母さんは、僕の歳を逆鯖読んで、昨年から15歳と言っていたんだから失礼しちゃう
前足も後ろ足も立てなくて、寝たきりの僕だけど
まだ、顔色も良いし、毛並みも良いでしょ~実年齢より若い気がしている

この頃のお母さんは、昨年の熊本地震の影響で、被害があった屋根の修理や、家の修理の事でバタバタバタバタ・・・
やっと、屋根の修理が出来て、ホッとしている
屋根の修理は屋根屋さん 灼熱地獄の様な中で、ホントにホントにご苦労様です

今度は家の中・・・・こちらは、まだ今からだけど、断捨離だとか言って、大がかりな片付けに精を出してる
そして、沢山の品物が続々出てきて、家族のもろもろの思い出に浸ってる時間も長いようだから、なかなか捗らない様子だよ

そんな時にも、珍しい生のタコや魚や野菜・・・・友人たちから頂く採れたての新鮮な食材で元気をもらっているみたい

H290817-4830.jpg H290817-4833.jpg H290817-4851.jpg

H290817-4855.jpg H290817-4856.jpg 花おくらのサーモン巻 トマトシャーベット添え
H290817-4859.jpg


H29-817-4841.jpg お茶のお稽古では宗慈先生手作りの和菓子   向日葵





まさかの坂

ぼくトランプ 14歳 H290210-2736.jpg


アメリカの大統領の名前とかぶって、呼ばれても、あんまり嬉しくない
毎日、テレビから流れる「トランプ大統領・・・・トランプさん・・・・」に思わず反応してしまう

この頃の僕は、とうとう前足で立つことも出来なくなってしまった
1日のほとんどを横になって暮らすようになっていて
背骨の病が少しずつ僕をむしばんでいるようだ

でも、首の筋肉はしっかりしているのか、首を持ち上げることは出来るんだ

それでママが作品を書くときは、僕は監督
良いポジションで活を入れてやる!

そう!こんな風にね

H290210-3523.jpg

僕の活の甲斐あってか・・・・ママの作品が、なんと熊日新聞社主催、第57回熊日書道展でグランプリの熊日賞に選ばれたそうなんだ

審査があった7日の午後、ママ宛に熊日本社から1本の電話があり
ママは電話に出たかと思うと、言葉に詰まりヘナヘナと座り込んで泣いていたよ
信じられない出来事が起きたみたいだった
翌日の熊日新聞にはママの顔写真入り作品と、他の受賞者の発表が載っていた

世の中には、まさかの坂がホントにある

僕もママと一緒に伴走した気持ちになって、喜んでいるんだよ

顔晴れ

ぼくトランプ

ぼくトランプ

少し前にお尻に腫瘍が出来ていて、みるみる大きく膨らんでしまい
ジャンボ卵程になっていた腫瘍を手術で、とってもらった
残念ながら腫瘍は悪性の物だったらしい

今、ぼくは、抗がん剤の薬を飲んでいるよ
餌に混ぜてあるから、飲みにくくはないから、大丈夫!

車いすで散歩に出ると、この頃は前足も弱くなった気がするから、歩みはのろくて、ゆっくり、ゆっくり
とことこ・・・休憩・・・とことこ…休憩

パパ、ママ、お姉ちゃんが、必ず、エールを送ってくれる
行き交う人たちも、優しく声かけてくれる

ママが言ってた!
書美の会の博子さんが、書き初めの時に書きたい言葉は 

顔晴れ

「顔晴れ~がんばれ~って、頑張ってる人には、そう言ってあげたいから~書いてみたいな~って思って」 と、博子さん

時間内に書き上げられなかったそうで・・・

ママは、帰ってから、博子さんの書きたかった言葉を思いながら、筆を走らせてみた

顔晴れ

それから、ママは、ぼくに 顔晴れ!顔晴れ!
行き交う人も 顔晴れ! 顔晴れ!

って言ってくれるよ・・・

だから、ぼく、顔晴る!

この頃の僕

ぼくトランプ ぼくトランプ


ちょうど12年前の11月の、とある日
パパはママと小学4年生のお姉ちゃんを乗せて車を走らせた
行先はペットショップ・・・
お姉ちゃんに、犬が欲しいとおねだりされたけど
パパは「犬はダメ!うさぎならいい」
と、うさぎを買いにペットショップへ・・・・
ところが、うさぎがいなくて
また、別のペットショップへ車を走らせながら
ぼそっと独り言、パパが「うさぎは散歩も出来んし、反応もないからな・・・・」
お姉ちゃんは、その言葉を聞き逃さなかった
お店に着くやいなや「やっぱり犬がいい、犬がいい・・・・」と、連呼して訴えた

そこに、僕がいた

帰る車には、そう!うさぎが僕に化けました
生まれて3か月の僕は、ちょうど、その日がお誕生日だったママへの~プレゼント?
家族に迎えられる事になったんだ
ママは、お誕生日になると、思い出すんだってさ

12年の月日は、あっという間

昨年、腰椎ヘルニアの手術をしてから、後ろ足で立てなくなり、とうとう歩けなくなった僕
お家の中では、前足で頑張っている

寂しがり屋の僕は、ママ達が外出して、お留守番の時は心細くて
必死で前足を使って、いつも居る場所から、10メートル程頑張って、玄関まで行って待ってるんだ
たった10メートル・・・でも僕には遠いよ

一人ぼっちにしたでしょ 一人ぼっちにしたでしょ
お帰り~ ずっとここで待ってたんだからね~

「ごめんね~トランプ~」
そう言いながら、ママが抱っこして連れて行ってくれる
僕が、どのくらいの時間かかって、ここまで来てるか

だ~れも知らないんだ
プロフィール

恵花

Author:恵花
墨の香りが好き、筆文字が好き、お料理が好き、自然が好き、人が好き、花が好きエトセトラ・・・
好きにお付き合いください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR