さよなら幸田書道

虫達が、うごめき出した早春の日に

幸田書道の発表会の準備に行きました

大潮(有)さんの表装で、軸や額やパネル等、さまざまな作品が出来上がっています

H270308-320.jpg 昨年、社中展の為に書いた作品は、私のお気に入り
文代さんが、同じく、これを所望してくださり書いてくださいました
かな文字に初チャレンジ!素敵な仕上がりです

めぐる繞 梓月さんの新年試筆会で天賞を取った作品も飾られました
奔月跨虹 月に奔り、虹を跨ぐ

中国のお話、弓矢の名手、羿(げい)が持っていた不老不死の妙薬を奥さんの嫦娥(じょうが)が盗んで月に逃げて行くお話から、イメージをして作った作品を梓月さんに書いて頂きました・・・イメージ通り、ダイナミックに仕上がりました

H270308-335.jpg H270308-334.jpg H270308-333.jpg H270308-332.jpg H270308-330.jpg H270308-328.jpg H270308-326.jpg H270308-327.jpg H270308-324.jpg H270308-323.jpg H270308-322.jpg H270308-321.jpg H270308-318.jpg H270308-319.jpg H270308-313.jpg H270308-316.jpg H270308-317.jpg H270308-315.jpg H270308-314.jpg 

書道に親しんで12~3年の方から、まだ1年足らずの方、老若男女の皆さんの作品です
幸田の皆さんと出会いが、私を育てていただき、宝物になりました

さよならのお手紙


私が携わってから4回目の発表会で、お・し・ま・い

有終の美・・・飾れたのかな・・・?

幸田書道最後のおけいこ

まだまだ風は冷たい!
春一番が春を届けてくれたのに、どこか心に隙間風吹く昨日でした

3月の発表会を残して、幸田書道Cクラスさんの最後のおけいこが終わりました
先週がAクラスさんの最終おけいこ

おけいこの後にお食事会を開いて頂きました

私の親ほどの年嵩の方々や、お姉さんのような方々から、惜しんでくださる言葉を頂いたり、花(恵花)を惜しむと吟じて下さったり・・・・
3年4か月の間、いつも心遣いくださり、繋がらせていただいた気持ちが嬉しくて、有難くて
それと同時に、伺えなくなる事に申し訳ない気持ちが相まって、まだ頑張って伺えば良かったんじゃないかと、後悔心もよぎり・・・・でも覆水盆に返らずです

綺麗な綺麗な花束をかかえ、後ろ髪をひかれる思いで会場を後にしました

H270226-291.jpg H270226-292.jpg H270226-293.jpg

幸せの田んぼ・・・・御幸の地で出会った皆さん・・・ありがとうございました







冬うらら、穏やかに晴れた乙未(いつび)みずのとひつじ吉日の日に
広深書道会新年試筆会が行われました

参加者は60人程、老若男女も集まって、主幹の江上先生による書と、平山先生の水墨画の揮ごう拝見

その後は、一字競書にチャレンジです~今年のお題「繞(めぐる)」

幸田書道の梓月さんの横でアドバイスに徹して「もっと大きく、筆を開いて勢いよく・・・」
私も力が入ります!
約30分程書き込んでもらい提出

繞
一字競書の後は宴が始まります
その途中で、一字競書の成績発表・・・・江上先生より最後に呼ばれる最高の賞

「天賞は梓月さん」

わぁ~ビックリ!梓月さんも私も手をとって跳ね喜び
この日、思い出の1ページになりました


幸田書道講座へは前任の先生がご病気の為にピンチヒッターで呼んで頂き3年半になろうとしています
公民館までの道のりが遠いので50分~雨の日などは1時間半ほどかかったこともありました
「諸事情で、3月の発表会で終わりにします」
その事を、先日の教室でお話すると、皆さん驚かれて、涙ぐんだり、惜しんでくださったり・・・・
拙い私を育てて、支えてくださった幸田の方々に、ありがとうの気持ち一杯です

後任の先生を探し、快く受けて下ったので安心して卒業できそうです
発表会まで後わずかな時を、お付き合いください

いつかどこかで出会ったときは、「ごきげんよう~」と、お声かけくださいね





書きたい言葉

書に親しんでおられる幸田の方々

45人の皆さんが、3月の発表会に向けて作品作りに取り掛かる時期が来ました

少し早い時期から、「これが書きたいです」と頼まれていた言葉がありました

それぞれに、心や気持ちを現したいそうで
私の拙いお手本ですが・・・気に入ってくださるでしょうか・・・

葉雨 葉雨(はさめ)
その方は、秋の落ち葉を雨に例えてなのか、彩る紅葉を落とすために降る雨なのか・・・・
秋の季節の語句を書きたいとおっしゃいました

H261212-184.jpg
高倉健さんがお好きだった、その方は悲しみの中におられました
「健さんが好きな言葉だったそうなんです~だから書いてみたいです」

凛々と 「どうしてだかわからないけど、凛々と・・・って響きが好きで、漢字が好きで書いてみたいです」と、その方はおっしゃいました

H261212-182.jpg H261212-185.jpg


発表会作品・・・大人

春の文字に虫虫で蠢(うごめ)くと読むそうです

昨日は、24節気では啓蟄・・・春、冬籠りをしていた虫たちが、這い出て蠢く季節


書に携わらなければ、文字の興味や、言葉の興味も無かったのだろうと思います

幸田の皆さんと、書を楽しんでいきましょう・・・・ 


今朝は、書道講座の1年間の集大成として作品展示を行いました

大潮の有賀さん、早朝からお手伝い頂き、感謝、感謝です

H260307-135.jpg H260307-134.jpg H260307-119.jpg H260307-120.jpg H260307-121.jpg H260307-122.jpg H260307-124.jpg H260307-125.jpg H260307-126.jpg H260307-123.jpg H260307-127.jpg H260307-129.jpg H260307-128.jpg H260307-130.jpg H260307-130.jpg H260307-131.jpg H260307-131.jpg H260307-132.jpg H260307-136.jpg H260307-133.jpg H260307-137.jpg 



プロフィール

恵花

Author:恵花
墨の香りが好き、筆文字が好き、お料理が好き、自然が好き、人が好き、花が好きエトセトラ・・・
好きにお付き合いください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR