手土産お弁当~ふたっつ

手作りの可愛らしい椿餅を頂きました

ほんのり桃色が、まるで侘助みたいで・・・・

蕗の薹の戴き物もあります

あっ!明日、先生に、春をお届けしよう

体調を崩されて、もう2回目の春を迎えそうです
でも、だいぶ回復なさってるように感じます
私が顔を見せるのを、ホントに喜んでくださいます

朝から、いつもの主人と娘のお弁当を作る傍ら、先生ご夫妻へ・・・手土産お弁当

H290219-3608.jpg
お訪ねすると、私の熊日賞の受賞を自分の事のように喜んでくださり、思いっきりハグ!
「まぁ~貴女と言う人は、まったく、もう!やってくれるわね~❤❤」
「先生へ、少しは恩返しが出来たでしょうか?」
涙・・・涙・・・

私には二人の書の師匠~その一人、希雲先生との出会いが無ければ、この賞に、きっとたどり着いていないと確信しているのです



16日は・・・・父の命日

訪ね人もないまま、誰かを待っているように・・・・ひっそりと実家が残っています

その日、兄もお参りすると連絡をもらいましたから、清水書道教室の前に私も立ち寄ろうと決めました

大急ぎで、有り合わせのおかずを詰めて、朝のお味噌汁~二人分残ってそう~温めれば汁物もOKね!

兄から、「慌てなくていいよ!あなたも、もう〇〇ないんだから」とメールが届き

まぁ~失礼しちゃう、お兄ちゃんより一回りも若いですよ

春隣・・・・車を走らせ

実家のテラスが見えてきたら・・・・人影・・・・お父さん!?

いえいえ、兄が先に着いていました

「お兄ちゃん、お父さんに似てきたね」
「そうだろ~自分でも、そう思う(笑)」

H290219-3645.jpg

有り合わせの手土産お弁当で、ほっこり時間







食卓オリンピック

大きな完熟、赤い玉 完熟トマト


ちっちゃな可愛い、赤い玉 すもも(メスレ)


大きなトマトとちっちゃなメスレ(すもも)を頂きました

五輪に置いて遊んでみました

夏仕様のガラス細工の箸置きも、まるでオリンピックの模様に似ています ガラス細工の箸置きで

完熟トマトはコトコト煮てトマトソースを作りました
トマトソースでナポリタン

娘がお休みの日に、お家でランチ

お家でランチ

菜の花Part2

まぁ~大変!

朝起きて、暫くして、炊飯器のタイマーをセットし忘れていたのに気が付いて・・・

本当は、今朝のご飯は、菜の花ご飯にするつもりでいたのです

仕方なく、朝ご飯は冷凍ご飯を解凍して食べてもらいました

お弁当用には、なんとか炊飯が間に合いそうです

娘は、この春から社会人になり、お弁当は自分で頑張っています
とは、言っても、前日夕食の残り物に卵焼きを追加、そしてプラスアルファ詰めてます

“そうだ!娘のお弁当にサプライズしちゃお”

主人は詰めてる所を見ていましたから、サプライズにはなりません

いつものように、おかずを詰め終えた娘に
「ごめんね~お弁当のご飯は、ご飯が炊けたらお母さんが詰めておくから、身支度しておいで」

“ふふふ・・・・お弁当の蓋をあけたら、菜の花畑に、わぁ~って思ってくれるかな”

菜の花ご飯

帰ってきた娘に・・・

「今日のお弁当、ビックリしなかった?」
「う~ん☆彡ビックリした~」

❤大成功

春になると、食べたくなる菜の花ご飯

その訳は・・・

すてきなあなたに H280406-1720.jpg

朝ドラの、とと姉ちゃんのモデルになった大橋鎮子さんが書かれたエッセイ集が私のお気に入り

数年前に手にしてから、何度も何度も読み返してる本
この季節になると必ず開くページです
毎年、真似して春を戴いています

今朝のハプニングは、何気ない暮らしを楽しい一コマに変えてくれました

主人と娘が出かけた後に・・・

一人朝ごはん

お一人様、朝ごはん・・・いただきま~す

3月4日のひな祭り

ふと・・・・見るなの座敷じゃないかしら・・・・

「いらっしゃ~い」
鶯色のカーディガンがキュートでお似合い

「ここで、少しお待ちになっていてね」
リビングに通されて、友人は、そう言うと席を外しました

リビングの横の座敷はきっちり締まっています
暫くすると、友人が戻ってきて、襖を勢いよく左右に開けて
「さぁ~どうぞ」

お雛ご膳 おひなご膳


「わぁ~」  息を呑んでしまいました

お雛さまの掛け軸と花入れには桃の花と白い椿

テーブルには、お雛祭りのご膳が並んでいます

この座敷は3月のお部屋なのです

友人は、おひな祭りをしましょうと、招いてくださいました

H280304-1513.jpg H280304-1516.jpg H280304-1517.jpg

おとぎの国の出来事かしら・・・

手作りの白酒(ノンアルコール)、ちらしずし、初めて戴く、うるいの酢味噌がけ、桜生麩の汁椀、こごみ、ふき煮、金柑の蜜煮は半分に切って種取りがしてあります
鯛のお刺身、フローズン苺のスムージー、晩白柚の砂糖漬け

手作りの品々全てが幻?
夢ではありません 美しくて美味しいご膳でした

時は止まったまま・・・・楽しい時間


友人が鶯に姿を変えて飛んで行かぬ間に、消えぬ間に

おいとましましょう

見るなの座敷


命日に・・・

虹  まぁ~虹が出てる・・・

あの日も寒い寒い如月16日

もう、その時が迫って来ていただろうに、夕方、また明日来るねって声を掛けて帰りました
それから数時間後、父は静かに独りで逝ってしまいました

ごめんね~その時に居てあげれなくて・・・・

あれから4年の歳月が流れました
毎年、兄と、あの時の話をしてしまうのです

「お兄ちゃん、お墓参りに行くけど、その後、お昼ご飯一緒にどう?」
「いいよ~」

もう、誰も住んでない実家

ドアを ガチャガチャ
あれ、開いてる~お兄ちゃん、先に来てる

入ると 暖かい・・・・

兄とお弁当  蕗の薹の天ぷら、蕗の薹味噌、蓮根焼き、 出汁巻き卵、お煮しめ、鯖の柚子味噌煮、鶏肉マスタード焼き、きんかんの甘炊き
 
おしゃべりしながら、1時間半ほどの時間があっという間に過ぎました

蕗の薹のほろ苦さに、あの日の記憶が呼び起されてしまっても・・・
こうして過ごす兄との時間も、案外、心地よい気がするのです

一足早くやって来て、部屋を暖めてくれた兄の心遣いに あ・り・が・と・う

蕗の薹
プロフィール

恵花

Author:恵花
墨の香りが好き、筆文字が好き、お料理が好き、自然が好き、人が好き、花が好きエトセトラ・・・
好きにお付き合いください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR