マイブーム レモンバーベナ

H290622-4326.jpg


「レモンバーベナは、フレッシュな葉っぱでお茶にしても、レモンの風味が良くて、青臭さがないのよ」

紀美子さんから、そう教えてもらって、苗を頂いてました
鉢植えにしたら、ぐんぐん育って、お茶やクッキーに利用できて
お気に入りのレモンバーベナは大活躍です

H290622-4668.jpg H290622-4727.jpg

タルトを作ると、必ず卵の白身が余るのです
その日は、桑の実タルトを作っていました

H290622-4655.jpg H290622-4652.jpg H290622-4653.jpg

余った白身は、その都度、冷凍してお料理に使って消費していましたが~

そうだ!クッキーにしてみよう!
素朴で、レモンバーベナの爽やかな香りが、何ともいえず好きなんです

お茶はフレッシュの葉に、熱いお湯を注ぐと、グリーンが綺麗なお茶の出来上がりです
この頃は、冷たい水出し緑茶を作っておいて、レモンバーベナティーも冷やして、それと一緒に混ぜます
すると、私の好きな、HATUKOIのお茶とソックリなお茶が出来ましたから、嬉しくて嬉しくて・・・・・

レモンバーベナクッキーの作り方

1  有塩バター   100グラム
2  砂糖        50グラム
3  卵の白身  1個~2個分
4  薄力粉     150グラム
5  レモンバーベナ  葉っぱ 7~8枚  細かく刻みます

柔らかくしたバターに順番に加えながら生地を作り、円柱型に形を整えたら、ラップをして冷凍庫で固めます
固まったら、5mm程にカットして180℃のオーブンで15分~20分焼いたら出来上がり

バターは有塩バターが好きです~ちょっと塩味が利いてて好い感じ

春色・・・ふたつ

あちらこちら、見渡すと、すっかり春色に彩られて、心が躍る毎日です

ひとつ目は薄紅色

戴き物のおにぎりが・・・・・なんと薄紅色

H290423-4139.jpg

その方は、「貴女に食べさせたいお結びがあるのよ」

と、言って、お料理上手な書道の先生から、薄紅色に緑の豆が可愛らしいおにぎりを頂きました

「お赤飯?」
「違う違う~ツタンカーメンえんどうの豆ご飯よ」
「え??ツタンカーメン?」

ホントなのか嘘なのか、ツタンカーメンのお墓から出土したと言われる、えんどう豆だそう
一緒に炊いたら、薄紅色のご飯が出来るんですって~あら不思議!


ふたつ目はマドンナブルー

今にも、ポン!と音させて開きそうなボリジの蕾

H290423-4146.jpg

蜂たちも飛んできて甲斐甲斐しくお仕事中

H290423-4140.jpg

「ボリジの花が満開ですよ!来ませんか?」

宗慈先生から連絡もらって、私も飛んで行きました

星のような花を摘んで、ボリジの砂糖漬けを作りましょ

H290423-4149.jpg H290423-4150.jpg


筆で卵の白身を塗りまして、グラニュー糖を塗して、乾燥させて出来上がり

H290423-4152.jpg

出来上がったボリジの砂糖漬けは・・・・そのうちケーキを飾ります

また、その時に・・・・


かぼちゃのタルト

かぼちゃ・・・・・

連想するのは、シンデレラの馬車と冬至にカボチャ

でも、世間はこの時季ハロウィンですね

わが家には、あんまり馴染がないハロウィンですが

カボチャのタルト~パンプキンタルトを焼きました

H281030-2707.jpg

タルト生地

1   バター  90グラム(100グラムで良いのですが、気持ちダイエット)
2   砂糖   50グラム
3   卵黄   1個 
4   薄力粉  150グラム
5   バニラエッセンス  数滴

柔らかくしたバターに砂糖入れ混ぜ、卵黄加えて混ぜて、薄力粉も加えて混ぜて、バニラエッセンス数滴たらします
一塊にして、平らにのばして、タルト型に敷きます

フィリング

1  冷凍かぼちゃ 250グラム
2  生クリーム  200cc
3  卵       1個
4  砂糖      80グラム
5  シナモン    好みで

解凍した冷凍かぼちゃの薄皮を剥く(緑の皮は残す)
ミキサーにかぼちゃ、生クリーム、卵、砂糖、シナモンを入れて撹拌する
タルト生地に流し込んで、予熱180℃のオーブンで40分焼きます

H281030-2724.jpg

焼きあがって粗熱が取れてから、泣かない粉糖をかけて出来上がり

無花果のガトーショコラ

無花果はチョコと出会ってしまいました
美味しいガトーショコラの誕生です

H280919-2454.jpg

無花果には、蓬莱柿や唐柿、南蛮柿の異名で呼ばれていると知りました
昨年まで、ほとんど馴染がない果物でしたから、食べず嫌いの類だったのです
ごめんなさい、そして、なんだか永い間、損をしていた気がしています
こんなに美味しい無花果に昨年出会ってから虜になってしまいました

もちろん生のままも美味しくて、無花果のワイン煮、無花果のジャム、クランブルケーキ・・・・

そして、また一つ、美味しい食べ方に出会いました

チョコと無花果・・・・相性抜群



直径18㎝丸型1台分 

無塩バター   60グラム
砂糖  90グラム
生クリーム   60グラム
チョコレート  120グラム
卵黄   L玉3個 
卵白   L玉3個
薄力粉  30グラム 
ココア   30グラム
BP     5グラム 

ドライイチジク  75グラム
水  100CC  
砂糖 20グラム
ラム酒  適量

★  鍋に水、グラニュー糖、ラム酒を入れて沸騰させて、1cmにカットしたイチジクを入れてやわらかくする
★  薄力粉、ココア、BPは併せてふるっておく

1  チョコレートとバターをレンジで溶かす
2  そこへ、生クリーム、卵黄を順に加えて混ぜる
3  卵白、砂糖でメレンゲをつくる
4  3の中に、捨てメレンゲ半量
5  そこへ粉を加えて、汁けを切ったイチジクを入れて混ぜる
6  最後に残りのメレンゲを加えて混ぜる
7  型に流して 予熱160℃ 40~50分焼く

しばらくは、無花果熱にうなされそうです

紫芋タルト

紫芋タルト


コーヒーと相性が良いようです

ドリップ男子にお願いして・・・・入れてもらったコーヒーで戴く紫芋タルト

やっと、自分の中でタルトの分量が決まりました

<タルトクッキー生地>

バター   90グラム
砂糖    40グラム
卵黄    1個
薄力粉   140グラム
バニラエッセンス  数滴


<フィリング>

バター  50グラム
砂糖   50グラム 
全卵    1個(50グラム程度)
アーモンドプードル   70グラム

タルトクッキー生地をタルト型に敷き込み、フィリングのペーストも敷き込み、予熱180℃で30分焼きます

途中経過

焼き型から取り出して、冷ましてる間に紫芋クリームと生クリームを用意します

<紫芋クリーム>

紫芋 (皮を剥いた状態)   300グラム
バター     30グラム
砂糖    20~30グラム
牛乳      50CC

紫芋を茹でて、潰して熱いうちに砂糖、バター、牛乳を入れてしっかり混ぜる
それから、しゃもじで裏ごしして、クリームを作っておきます

<生クリーム>

純正生クリーム200cc
砂糖   大さじ1杯

生クリームをしっかりホイップします~ゆるくても、硬すぎてもいけないので注意しながらです
タルト生地が冷めたら、生クリームを乗せます

生クリームを乗せます

その上に紫芋クリームをモンブランの口金の絞り袋に入れて飾り付け
泣かない粉糖を降らして出来上がり!

素人なので・・・・成形は、まだまだ修行が必要のようです

モンブランみたいに


プロフィール

恵花

Author:恵花
墨の香りが好き、筆文字が好き、お料理が好き、自然が好き、人が好き、花が好きエトセトラ・・・
好きにお付き合いください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR