学習発表会・・・書美

昨年の発表会は新参の会でしたから、控え目に葉書作品の発表でした
今年は、2回目ですから、少し大きく(笑) 色紙、半紙サイズも展示出来ました

皆さん、とってもお上手でしょ(*^_^*)

楽しみながらの会です

H290319-3852.jpg H290319-3853.jpg H290319-3854.jpg H290319-3855.jpg

それぞれ、趣が違っていて、題材のチョイスが良いですねと、声もかけて戴き嬉しかったです

額も手持ちの額や、私が持っているものでしたから、額が良いともっと引き立つ作品のありました
次回の課題にしましょう

準備、展示、片付け、皆さまのご協力、ありがとうございました

折形(おりかた)

h281215-2767.jpg

折形の歴史は平安時代から今に伝わり、紙を折って物を包む日本文化の礼儀作法の一つだそうです

ちょっとした、さりげない包み紙でお手紙をもらったら、嬉しいと思いませんか?
今の時代、100円ショップには、封筒やポチ袋が簡単に手に入りますけど・・・・なんだか味気ない・・・・

紀美子さんは、暮らしの中に、さりげなく折形を活用なさっていて、素敵なんです
そこで、是非、書美の会の皆さんへもお教え頂けないでしょうかとお願いしましたら、快く引き受けてくださいました

沢山ある中から、半紙を使って折れるのがいいかしらと教えて戴きました
先ずは、私が習って折って、そこに一筆書き添えて出来上がりです

紀美子さんが折形をし始めたきっかけは、4人の姪御さん達に可愛い包みでお年玉をあげたいと思ったところから、発展していったそうです・・・・優しさから生まれたのですね

暮らしの中に、さりげない優しさを感じる折形
私も活かしていきたいな

さて、書美の会 当日・・・・

「折り紙を折るのは子どもの時以来」
「あれ~紙飛行機折ってるようになっちゃった~」

紙風船のようになっちゃったり~頭の体操、手先の体操

紀美子さんのお蔭で楽しい時間~書美の会

暑さのお見舞い

盛夏

お手本に・・・

書美の会の皆さんと墨遊び、筆遊びしてみました

画仙紙葉書に墨をたらして~模様も様々

向日葵に見えるかな・・・

朝顔になったかな・・・

花火も良いね・・・・

H280802-2275.jpg H280802-2274.jpg H280802-_2276.jpg H280802-2277.jpg H280802-2278.jpg
H280802-2279.jpg H280802-2280.jpg

それぞれ渡したい貴女、貴方の顔を浮かべながら・・・夏のご挨拶

出会い

H280603-1928.jpg H280603-1927.jpg

お茶の先生の言付けを届けに、その方のお宅へ伺いました

真っ白いブラウスに緑色のエプロン姿が、な~んてキュート!
外で待っていてくださいました

その方は・・・・・

5月のある日、陽の光も、茂る翠も眩しい昼下がり

お庭からレモンバーベナを摘んで
「イギリスから持って帰ったティーポットね、お気に入りなの~地震で割れずに良かった~」 と、言いながら
お茶を入れてくださいました
その方は、お茶の先生の大事なお友達でいらっしゃいます

ネーブルのシロップ漬けにレモンバーベナのお茶で、素敵なひと時


先頃、縁あって、書美の会に通ってくださるようになりました

初めてお会いした時、なんだか懐かしいような、以前から知っていたような不思議な気持ち
その方も、同様に、そのように思われたそうで

どうやら、その方の大好きだった、おばぁ様に、私が似ているみたい~と懐かしんでくれて・・・

もしかしたら、遠い昔、どこかで繋がっているのかもしれませんね~

その方のお家からは車で30分程かけて通ってくださいます

一期一会から始まる出会いに感謝します❤







書美の会1周年

書美の会1年

ひと月前は春爛漫

つや子さんお手製~花のアレンジを持って来てくださいました

震災で季節は1か月止まったまんまでいました

地震の二日前のおけいの日に
春爛漫を筆文字で楽しみました

ブログに載せようと思っていた時、震災でしたから・・・お蔵入り

時を巻き戻して~ご紹介

H280513-1735.jpg H280513-1738.jpg H280513-1733.jpg H280513-1734.jpg H280513-1737.jpg H280513-1736.jpg 


昇さんは油絵がお得意な方でいらして、半紙の作品に可愛らしい色で花の色付けをなさいました

描いてから 「菜の花だから黄色にしなくちゃいけなかったかな?」 とおっしゃいましたが

「いえいえ、思い思いの色の花々で良いですよ~俳画の世界では、題材まんまの絵は添えないほうが良いとも言われますから~どうぞご自由に~」

H280513-1739.jpg

一昨日、昇さんの油絵が美術館に展示されますから、いらしてくださいとお誘いを受けましたので、観に行きました

美術館の上の階は地震の影響で破損が酷いらしく、下の階のみの展示でしたが震災以来、初めての開館だそです

H280513-1898.jpg

昇さんの作品は、奈良の東大寺持宝院~古都の晩秋~

優しい色合いが素敵でした
鹿が枯草を食みながら、ふと、こちらの世界に飛び越えて来そうな印象でした

美術館の目の前は崩れた熊本城の石垣、神社も潰されていて痛々しい姿が映っていました
でも、展示されていた絵画に、不思議と変わらない日常を思い出して、元気をもらって帰りました

作品それぞれ、解説してくださった昇さん、ありがとうございました
プロフィール

恵花

Author:恵花
墨の香りが好き、筆文字が好き、お料理が好き、自然が好き、人が好き、花が好きエトセトラ・・・
好きにお付き合いください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR