手仕事  

H300412-6186.jpg

蓮華草を摘んでいる乙女が可愛らしくて
モチーフは戸塚刺繍で出来ています

40年も前に叔母が刺した刺繍の作品で
実家の玄関に飾られていました
3か月の実家間借りの時に、改めて、その存在に気付きました
生地はシミだらけで、古びて、額も壊れています
けれど、その手仕事の美しい事!
叔母の手仕事に見惚れてしまいました

なんだか、私を連れて行ってって、その女の子が訴えてるみたいな、そんな風に思えてきて
額から外して、引っ越し荷物と一緒に持ち帰りました
そして、恐る恐る、ダメ元と思いながら、色落ちしない洗剤を使い、手洗いしてみると
嘘のように、シミが落ちていきます
良かった!蘇った! H300412-6021.jpg

額も新しく誂えたのです H300412-6185.jpg

どうです?素敵に生まれ変わった女の子
80歳になる叔母に電話して、その事を伝えると
「40年も前に、貴女のお母さんが一生大事にするからね、と言ってもらってくれたんよ、蘇らせてくれて、お母さんも喜んでるね ありがとうね」
と、大層嬉しそうに話してくれました

H300412-6383.jpg
今朝の散歩道で出会った蓮華草
今の季節にピッタリでしょ

我が家の玄関でお客様をお出迎え

ようこそいらっしゃいませ~

書き初め、焼き初め、ブログ初め

今年の書き初め・・・・

H3001255853.jpg

万葉集最後の歌、大伴家持
新しい年のはじめ、初春の今日、降り積もる雪のように、ますます重なりますように良い事が・・・・

リフォームの済んだ我が家で新年を迎え暮らし始めましたが、電話の回線工事がやっと完了し、遅いブログ初めになりました

そして、仮住まい中はオーブンが無い暮らしでしたから、4か月ぶりに・・・・ケーキ焼き初め

H300125-5847.jpg H3001255849.jpg H300125-5820.jpg

やっぱり、タルトが一番好き

書道のおけいこに持参して、皆さんに味わってもらいました

拙いブログ始動!


それから、着物姿初め
母の形見の、結城紬

H30-125-5641.jpg

どうぞ、よろしく❤


幼なじみ

小っちゃい頃~うんと昔

バイバイ~~バ~イバ~イ

人通りの少ない一本道のなだらかな坂道
カーブの所まで、姿が見えなくなるまで、何度も何度も振り返りながら、大きな声でバイバイって

そんな、さようならは、いつものお決まり

その頃から何十年振りの、さようなら
遥か昔を思い出して、あの頃と同じように~バイバイ~バイバ~イ(笑)

あれから、それぞれの人生を歩んできた私達
長い月日は、容姿をすっかり変えてしまったのに
中身は、その頃とちっとも変っていないのです

熊本地震で被害があって、やっと大がかりな家の耐震修理
その間、空家になっていた実家で期限付きで暮らし始めた私です

幼なじみの彼女は、地元で暮らしています

10月20日・・・実家の近くでアサギマダラに遭遇!
急いで、誘い出そうと電話すると・・・・どうでしょう、嘘みたいに、偶然、車で通りかかり、「何してるの?」

H291204-5194.jpg H291204-5195.jpg
暫く、子どもみたいに大はしゃぎ

時間が合えば、立田山散策
ランチに誘ったり
突然、グッと近まる距離が心地よい

私の宝箱には、彼女の文集が入っていました
小学校卒業記念に、彼女のご両親が日記や作文等を、版画や、ガリ版で制作した文集です
そして、お友達や縁ある方々に配ってらしたのでしょう
素敵なご両親です
私の亡き母は、その文集を大事に取って置いてくれたのを、だいぶ前に私が貰い受けたもの
その話をすると、「え~それ、私、持ってないよ~懐かしい~」

だったら~はい!彼女の元に戻しました

H291205-5353.jpg H291205-5354.jpg
彼女が幼稚園くらいのかな?みみずさんのお家を作った日記が可愛らしくて好き

おにわにみみずがきました
みみずのおうちをいしでつくりました
みみずちゃんがよろこびました

彼女の仕事はクリエーター自分でお仕事をしています
子どもの時の感性が活かされているのかな・・・・

先日の、さようなら

「もう、バイバイせんでよかけんね~」
って言いながら、彼女がカーブから見えなくなるのを見届けました

曲がり角を曲がった先には何があるかわからないよ
そうそう、赤毛のアンに夢中だった・・・あの頃



小さい秋

小さい秋・・・・・見っけ!

H290825-4912.jpg

1か月ぶりの朝散歩で出会った小さい秋

H290825-4913.jpg

なんと、いが栗坊やが1個、口をぽっかり開けて落ちていました

そうだ!こっそりお弁当に忍ばせようっと!
茹でて、皮を剥いて、ご飯の下にくぐらせておきました

お弁当を食べる時に、主人と娘~びっくりするかな?

H290825-4915.jpg

私は、お昼ご飯で戴きました H290825-4916.jpg

娘 「 あっ!栗だ!・・・・・お母さんらしいな~ご飯の下に隠してある~ 」
主人 「おっ!栗だ!・・・・・そう言えば、昨日、ウォーキングしたって言ってたな」

小さな幸せ・・・・見っけ!

おとしぶみ オトシブミ

その昔、奥ゆかしい大和撫子が想いを伝えた・・・・・落とし文(おとしぶみ)
恋心、伝えたいその人の近くに置手紙して、拾って読んでもらい気持ちを伝えたそうな

オトシブミって虫もいるそうな

初夏の山道、くぬぎの葉っぱに卵を産んで、その葉っぱの中で幼虫になり、葉っぱは揺り籠
今の季節、ほととぎすの初音を聴くころオトシブミ

同じ呼び名のオトシブミ

お茶のお稽古に、緑の葉っぱに包まれたお菓子が出されました
H290531-4601.jpg H290531-4599.jpg


先生手作りのお菓子です

「名前があるのよ、おとしぶみ」
「まぁ 素敵」

遥か昔、遊び心からお菓子が出来たのでしょうか、なんだか心に響くお菓子です

この頃は、くるんと巻かれた葉っぱ探しの散歩道です

まだ、見つかりません
そう容易くは見つかりません オトシブミ

プロフィール

恵花

Author:恵花
墨の香りが好き、筆文字が好き、お料理が好き、自然が好き、人が好き、花が好きエトセトラ・・・
好きにお付き合いください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR