初春のお喜び

H290101-3369.jpg

今年は、鳥ちゃん!君の出番だね
H290101-3378.jpg
じゃ~僕は去るからね
H290101-3377.jpg
任せて!佳い年になるように頑張るね
H290101-3379.jpg

初日の出は我が家の玄関先から拝みました

H290101-3328.jpg

お箸は鶴の箸袋を折って用意して、祝箸の反対側は年神様用、もう片側が私用
新しいお箸で新年を迎えます
H290101-3368.jpg

H290101-3354.jpg H290101-3351.jpg H290101-3352.jpg H290101-3349.jpg

健康で暮らせますように・・・・・

金襴の帯

金襴の帯

H281204-3104.jpg


母があちらの世界に旅立ってから5年の月日が流れました

母は若い頃、和裁の仕事や和裁を教えていたそうですが、私が赤ちゃんの時からは針仕事は危ないと止めていました
けれど、私に帯を仕立ててくれたり、義姉には大島を仕立てたり、少しはお針仕事をしていたようです

ただ、悲しいかな~私には、その頃、興味がない着物の話やお茶の世界
袱紗や扇子、お茶のお道具も、もろもろ揃えてありましたのに・・・・ごめんなさい
思い通りの娘でなかったですね

箪笥の中でどれくらいの月日、眠っていたでしょうか
金襴の帯があります
一度も使ったことがない帯を、私の娘が締めてくれる日が突然やって来ました

たまたま、お茶を習っている娘が京都のお家元や大徳寺、北山会館へ見学旅行に行く事になりました
そして、着物で参加しなけりゃいけないらしいのです
まだ、娘一人で着物を着たことがないので、私の出番です
一緒に京都に行き、着付けよう
上手く出来るかな~何度も家で練習して、いざ京都へ!

H281204-3088.jpg  H281204-3089.jpg H281204-3058.jpg

悪戦苦闘でなんとか無事着付け完了~いってらっしゃい


11月21日は母の命日・・・・その日、京都入り
22日、京の都は小春日和、金襴の帯締めた姿を、あちらの世界から喜んで見ていてくれたでしょうか


申年の梅あれこれ Part4

梅布巾をご存知でしょうか?

H280911-2339.jpg


昨年、初めて知りました
落ち梅や、ジャムを作る時に出る茹でこぼしを活用して、木綿の布、布巾を煮て、絞って乾かして使うのです

梅の殺菌効果、艶出しに良いそうで、梅を最後まで使い切る技なのです

何を拭くのかというと、木製で出来た器や、漆器、 ガラス製品、家具に至るまで~

H280930-2483.jpg


友人から「落ち梅で梅布巾を作ってみたの~使ってみてね~」と、梅布巾を頂きました
料理研究家の辰巳芳子さんの本を見て、作られたんだそうです
丁寧な暮らしなさっている友人は、ホントお手本です

水道水で洗ったまま乾かしているお椀や、半月盆は白くできた斑点の水垢で、なんだか綺麗ではありませんでした
それに、そんなものだと思っていました・・・・
高価な調度品も我が家にはありませんが、箪笥や座卓も拭いてみました

あらあら、びっくり!半月盆や、木製のお椀の水垢が綺麗に取れます

多分・・・・綺麗好きな方なら、いつも何でもピッカピカなんでしょうが・・・・私ときたら~(^_^;)
丁寧な暮らし方が上手な友人を、見習います


過日、夏の日に知人から甘いはちみつ漬けの梅干しを頂きました

食べやすくて、ついつい手が伸びてしまう梅干しです
やっぱり、今年、申年の梅は数が少ないらしく、沢山は漬けられなかったと聞いて、大事に大事に戴きました

H280911-2443.jpg 暑い夏の日に、サラダうどんに梅干しでさっぱりしました

夏の疲れにも、梅干しです

お料理に、鰯の煮つけ、とろろ昆布のお吸い物には、梅干しの果肉とお湯を入れて簡単に、ゴーヤの梅肉和え
白米の炊飯にも1粒~2粒入れて、一緒に炊飯して抗菌作用、腐敗防止

申年の梅干しは、まだまだ活躍中です




秋もろもろ

♪秋の夕日に照山もみじ 濃いも薄いも数ある中に 松を彩るかえでやつたは・・・♪

前から歩いてきた小学4年生くらいの女の子 
すれ違いざまに聞こえてきた小さい歌声

あら、懐かしい歌~それにしても、今の子ども達も、この古い歌を知っているんだ・・・
なんだか嬉しくなりました

朝な夕なに、我が家の近くでよく見かける、名前も知らない女の子
どこか、遠い昔、私の幼い頃を思い出させてくれるような女の子に親しみを感じる秋の日でした


そして、空では百舌鳥がキキキキ~高鳴き始め、縄張り宣言
日毎に秋色が濃くなります

朝晩の涼しさと、庭に咲いた曼珠沙華の赤い花に、お彼岸ね~と思いながら

お台所でごそごそ、ごそごそ
おはぎを作って、亡き義父母にお供えします

H280925-2455.jpg


季節を感じるのは、お茶のおけいこ

まだ、昼間の陽射しは厳しくて、夏の着物を着て行きました
お茶室に入ると、秋のしつらえ
先生のご友人が編まれた、つづらの壁掛け花器に
水引草、藤袴、きんえのころが挿してあります
お軸には、重陽菊花新の色紙が掛けられて
その日の、お菓子は、先生お手製の和菓子です
秋のひと時がゆっくり心地よく流れていきます


お菓子は、お土産に頂いて帰り、夜、家族で戴きました

H280925-2458.jpg こぼれ萩・・・・・・なんと風情ある名前でしょう
H280925-2456.jpg
干菓子のおせんべいには、先生お手製の味噌餡がはさまれ、面相筆で、すすきが描いてありました

山は装う季節

秋もろもろに心躍らせ暮らします





暮らしの手帖

2年ほど前・・・・

兄から、亡き両親が読んでいた「暮らしの手帖、他、書籍を処分しようと思ってるけど・・・・」
と、連絡がありました

「あ!ちょっと待って~全部は無理だけど何冊か暮らしの手帖、取って置いて~引き取りに行くから」

実家から持ち帰ってから・・・・積読 H280823-2313.jpg


私が幼い頃から置いてあった暮らしの手帖~私ときたら、目玉記事の商品テストには興味がなくて、もっぱら藤城清治さんの挿絵がある童話のコーナーや、エッセイの、すてきなあなたに・・・投稿欄の作文だったり、エプロンメモとか・・・読んでいたっけ

今年の春から始まった朝ドラの、とと姉ちゃんの影響で、真摯に向き合いながら商品テストに取り組まれていた事を知り、積んでいた暮らしの手帖に目を通して、ビックリ!

創刊50年記念特集号が残っていました H280823-2315.jpg

朝ドラの内容と重なり、興味深くて、なんだか得した気分です
楽しみの時間が増えました~暮らしに役立つあれこれが満載なのです~

その昔、兄が中学の頃に、暮らしの手帖社に何か応募したらしく
それから、暮らしの手帖社から、よく葉書が届いていたようで
うろ覚えですが、青い万年筆文字?手書きで兄宛に葉書が届いていたような気がします
ドラマの中でも、読者へ葉書を出すシーンを観て思い出しました
季刊誌ですから2か月毎に、今は亡き父が本屋さんから買ってきていた風景も思い返して温かな心で朝ドラを観ています

目からうろこ・・・・

暮らしの手帖の表紙に番号があって、どこから数えた番号かしら?って不思議な気持ちでいたのですが、50年記念特集号に載っていました

H280823-2324.jpg

プロフィール

恵花

Author:恵花
墨の香りが好き、筆文字が好き、お料理が好き、自然が好き、人が好き、花が好きエトセトラ・・・
好きにお付き合いください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR